脱力って?フラメンコギターで力が入る…共通する力みの原因を探る

《ブログランキングに参加してます。応援よろしくお願いします!》
  

 

こんにちは、フラメンコギターの松村哲志です。

 

今回は力が入ってしまう(力んでしまう)
原因について解明していきたいと思います。

 

フラメンコギターに限らず、
クラシックギターでもとにかく楽器というものは
ついつい力が入って(力んで)しまいます。

 

うちの子はバイオリンとピアノをやってますが、
自分で力むのがわかるのか、手を振ったりして力を抜こうとしています。

 

そもそも、そんなことをしても抜けるわけないんですが…( ̄∀ ̄)

 

脱力、脱力と言われても
意味がわからないと、どうしていいか迷います。

 

だからといって、人間が本気で脱力をしてしまうと、
地面に崩れ落ちてしまうわけですから、それとは全然違います。

 

脱力とは自分の持つ最大限の結果を出すために、
必要なだけの力を入れるということです。

 

フラメンコギターは右手と左手ともに
複雑で、かつかなり細かい動きをしますが、
圧倒的に右手、右腕全体に力が入りやすい。

 

右腕全体に力が入って力んでしまうと、
肩や背中の動きが止まってしまうので
音自体も迫力もキレもない魅力のない音になります。

 

自分が昔によく意識してやっていたのは、
歩行時の腕の状態のままの感覚で弾く場所へ手を持って来るということ。

 

簡単に説明すると、
腕だけ完全に抜けた状態から必要な力だけを入れる…ということ。

 

逆に力んでいる状態から力を抜くのは非常に難しい…

 

ギターを弾くということは自分の体を使って演奏するわけだから、
体を全て使って腕と手の重みを活用することも意識している。

 

この重みが力みのない動きに加われば、
驚くほど音のキレは良くなるし、迫力も出る。

 

脱力が出来ていると、
指の動きにスピードが出るから弦を振り抜く鋭さが上がる。

 

要は、指が弦に触れている時間が短くなるからキレが良くなる。

 

そこに腕と手の重みが加わると音に重みと迫力が出る。

 

逆に力むと重みがなくなるので音がこじんまりする…
で、さらに力む…という悪循環になる。

 

うまく脱力が出来ていると、
力を弦に対して加えることは簡単になります。

 

これが出来ると力を加えたり、
抜いたりが出来るようになるので、
立体感のある演奏が出来るようになります。

 

あと、もう1つは頭の中が力んでいる場合…

 

どういうこと?

 

と、思うでしょう?

 

頭の中が複雑になってる状態のことです。

 

どんなフレーズでも頭の中でシンプルに整理されていると力まないけど、
複雑にごちゃごちゃしていると余計な事を意識しすぎて力んでしまいます。

 

中で感じていることが複雑過ぎると表現は単調になり、
中で感じていることがシンプルだと表現は繊細で色鮮やかになる。

 

ま、そんなことも意識してやってみましょう!

 

 

松村哲志の初のソロアルバム『I’M MELONCITO』はこちらから!

松村哲志の初ソロアルバムはこちらからどうぞ!

全10曲【完全オリジナル9曲と大胆なアレンジで聴かせる『荒城の月』の大作!!!】共演 斎藤崇也、葛西レオ、ルイス・デ・ペリキン、モイセ・エレディア、ノノ、パコ・フェルナンデス他

3 件のコメント

  • 昨日、テレビにマツコデラックスの番組に高校生がでていたんだけど、その子は蚊の研究をしていてその話が実におもしろい。その人が情熱をかたむけていろいろ発見したオタクっぽい話をきくのが私は大好きで、まっちゃんのこのギターの話も、すっごく想いがつたわって、説得力があって、いい話ですね!

    • 伝わって良かった!

      こんな感じでこれからギターの話も
      少しずつしていこうと思っているよ!

  • お返事ありがとうございます。なんかこんなふうに。メッセージを残すって、ちょっと不安ドキドキしますが、でもうれしいです。昔から、踊るときに力を抜けって説には、賛同できなくて…体のどこの部分を抜くのか意識したくて、あえて力をこめてみたり。でも今、力がぬけてるからこそ出来るってことがあるのは、すっごくわかります。ギターでも、力をぬいてふりぬきたい。今やっと、感じ取れること、楽しんで挑戦したいです。そして出来たらいいな!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です